MENU

急ぎの即日融資は消費者金融系カードローンが強い!

キャッシングを検討する人の中には、いますぐお金が必要!と困っている人も多いですよね。

 

そこで思い浮かぶ言葉は、「即日融資」でしょう。

 

この即日融資に対して強いのが、消費者金融系カードローンなんです。

 

どうして消費者金融系カードローンがおすすめなのか?その理由を下記で簡単にまとめてみました。

 

  • 審査スピードが早い!
  • 土日・休日も融資OK
  • 申込み条件の幅が広い

 

まず簡単に説明すると、この3つが即日融資を左右する大きなポイント!

 

大手消費者金融系カードローンの中には、最短30分審査をうたっている会社も多くあります。そのため、新規申込・審査・契約完了まで早くて1時間程度で済みます。

 

契約後はすぐに利用開始できるため、即日融資にも柔軟に対応可能しているんですね。

 

土日・休日の即日融資もOK

 

また大手消費者金融系カードローン会社の中には、土日・休日の融資にも、柔軟に対応している場所があります。

 

その代表的なものをあげると、

 

  • アコム
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • アイフル

 

といった大手カードローン会社では土日や祝日も関係なく、急ぎの融資に対応。

 

連休中など、特にお金必要になりやすいタイミングでも、申込受付から借入まで対応しているので、急ぎにも安心ですね。

 

申込み条件の幅が広い

 

また消費者金融系カードローンは、申込み条件の幅が広く設定されていることも、即日融資の大きなポイント。

 

この申込条件の幅が広い分、審査通過率とイコールしている部分が大きいです。

 

基本的に消費者金融系カードローンの申込み条件は、

 

  • 安定した収入
  • 複数他社で借入していない
  • アルバイト・学生・パートOK
  • 総量規制内の融資希望額

 

といったものが最低条件になります。この条件を満たしていれば、たとえ学生でもパート主婦でも、利用できる可能性が高いのです。

 

そのため実際に、審査通過率を「銀行と消費者金融系」で比較すると次のようになります。

 

消費者金融 銀行
40%〜45%程度 20%〜30%程度

 

このように消費者金融のほうが、比較てき通過しやすいと言えます。

 

即日融資で大事なのでは、そのスピード力です。審査通過率が低い分、時間もかかってしまう傾向があります。

 

そのため審査通過率が高い消費者金融の場合、スピーディーな審査を行って、即日融資もスムーズに進めることができるのです。

 

2018年1月から銀行カードローンで即日融資を廃止!

また消費者金融の即日融資をおすすめする最大の理由は、

 

銀行の取り扱うカードローンすべての即日融資を廃止

 

という取り決めが行われたこと、大きな注目ポイントです。

 

これまで銀行カードローンも即日融資をOKとする場所がいくつかありました。しかし2018年の1月、暴力団関係者などに融資を防ぐため、新しい仕組みが導入されました。

 

その仕組みがどう変わったのか?その審査手順の変化について、比較してみましょう。

 

〜2017年 2018年1月〜
  1. 審査申込み
  2. 銀行の審査
  3. 融資開始
  1. 審査申込み
  2. 警察のデータベース照会
  3. 銀行の審査
  4. 融資開始

 

これまでは申込後、すぐに銀行での審査がスタートしました。

 

しかし2018年1月以降は、反社会的勢力に該当していないかどうか?チェックするため、警察のデータベースを照会しているのです。

 

この照会手順が加わったことにより、銀行カードローンでの即日融資が不可能になりました。

 

このような理由もふまえ、即日融資できるキャッシングを希望する場合は、消費者金融系カードローンがおすすめと言えます。

 

即日融資ならどこを選ぶ?おすすめの消費者金融系カードローン3つ!

実際に、即日融資に強い消費者金融系カードローン会社はどこ?と気になる人も多いですよね。

 

ここからは独自リサーチのもと、即日融資で選びたい!消費者金融系カードローン会社を3店舗紹介していきましょう。

 

プロミス

プロミス

 

金利 4.5%〜17.8%
限度額 500万円
審査 最短30分
融資 最短1時間

 

消費者金融系カードローンの中でも、断トツで即日融資に強いのがプロミス!

 

そのおすすめポイントは、次の通り。

 

  • 30日間無利息サービス
  • WEB完結で即日融資できる
  • 土日・祝日も即日OK
  • 瞬フリで業界最速のキャッシング!
  • 低金利で利用しやすい

 

このように即日融資のスピード力はもちろん!キャッシング初心者でも利用しやすいサービスが充実したおすすめのカードローン会社です。

 

アコム

アコム

 

金利 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査 最短30分
融資 最短1時間

 

即日融資といったアコムも外せない!

 

そんなアコムのおすすめポイントは、次の通りになります。

 

  • 土日・祝日も即日融資もOK
  • 指定口座は振込キャッシング対応時間◎
  • 30日間無利息サービス

 

振込キャッシングも指定口座なら、夕方まで対応可能!WEB完結型のカードレス申込も対応時間が長いので、即日融資もこっそりキャッシングOKなんです。

 

内緒で急ぎの借入を求めるひとにおすすめですね。

 

SMBCモビット

SMBCモビット

 

金利 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査 最短30分
融資 最短1時間

 

SMBCモビットもネット申込みで、即日融資に柔軟対応!

 

そんなSMBCモビットのおすすめポイントはこちら。

 

  • 審査スピードに定評
  • WEB完結とカード申込が選べる
  • 即日融資も対応OK
  • スマホATM導入で借入・返済も手軽!

 

業界初のスマホATMサービス導入で、24時間どこでも借入・返済OK!SMBCモビットは電話連絡無しの即日キャッシングも可能

 

急ぎの融資や返済にも柔軟に対応してくれるので、忙しい人にはピッタリのカードローン会社ですね。

 

即日融資で心配な在籍確認!どう対応する?

カードローンの審査では勤務先への在籍確認が行われるのが一般的です。しかし即日融資を受けたいなら、できるだけ在籍確認を避けることが重要になってきます。

 

カードローン申込み曜日や時間によって、勤務先も営業時間外になっている場合も。すると電話による在籍確認を行う事が出来ず、即日融資も利用できなくなってしまう可能性があるのです。

 

より確実に即日融資を受けるには、

 

  • 在籍確認の時間指定
  • 書類対応

 

といった手順に応じてくれるカードローン会社を選ぶことが大切です。

 

消費者金融系カードローンでも在籍確認は避けられない!

消費者金融系カードローンの審査では、必ず在籍確認が行われます。

 

これは入力情報に誤りがないかどうか?しっかりとチェックするために、行われる審査です。

 

ここで虚偽の報告や嘘が発覚すると、審査落ちになって即日融資どころか、キャッシング不可能になる可能性もあるので注意が必要ですね。

 

しかし急ぎの即日融資では、土日や休日・時間帯など、会社側の事情によって電話を受けられないケースもあるでしょう。

 

その場合、カードローン会社の中には事前に時間帯変更の相談をすることも可能です。

 

これは申込み時に担当者へ1本連絡を入れることにより、希望の時間帯に変更してもらえるケースも多くあります。

 

また、どうしても在籍確認の電話をされるのが困る!という場合は、書類での対応もOK。

 

在籍確認の書類対応について

 

大手消費者金融系カードローン会社の場合、中には書類による在籍確認対応を引き受けてくれる場所もあります。

 

その代表的なカードローン会社は、次の3つです。

 

  • SMBCモビット
  • プロミス
  • アコム

 

これらのカードローン会社では、在籍確認の電話連絡を書類対応に変更可能です。

 

時間帯の変更相談と同様に、担当者へ相談の連絡を入れることで、書類対応を引き受けてもらえるケースも多いでしょう。

 

またSMBCモビットのWEB完結のように、申込み〜融資まで電話対応がない申込方法もあります。これは担当者へ相談の連絡を入れることなく、はじめから書類対応での在籍確認となります。

 

このようにカードローン会社の多くが設けるWEB完結型の申込み方法は、在籍確認が書類対応となります。

 

そのため会社の電話連絡が困る!という方は、WEB完結申込みを導入するカードローン会社を検討してみてくださいね。

 

消費者金融系カードローンは業種関係なく即日融資できる?

前述でも簡単に触れたように、消費者金融系カードローンは

 

  • 主婦(パート)
  • 学生
  • フリーター
  • アルバイト

 

など、雇用形態に関係なく「安定した収入」があれば、キャッシング利用することが可能です。

 

また即日融資に関しても、非正規雇用だからNGということはありません。

 

収入が安定していて借入状態が悪くなければ問題ない

前述のように、収入が安定していて借入の状況が問題なく過去に金融のトラブルを起こしていなければ問題ありません。

 

金融トラブルとは過去の借金返済などが遅れるなどの小さなトラブルも含まれますので注意しましょう。

 

収入については、例えば年収が200万円でも100万円でも借入の希望額が小さければ問題なく審査に通過できるでしょう。

 

もちろん借入の額が大きくなれば収入によっては審査で落ちますが少額であれば驚く程簡単に借入ができるのです。

 

審査に落ちる原因も押さえておこう!

では誰でも審査に通るのかと言うとそうではありません。

 

実際に、非正規雇用の人、また制写真でも審査に落ちている人もたくさんいます。審査に通過できない例を挙げてみます。

 

  • 既に抱えている借金の総額が多い
  • 複数の業者から借入をしている
  • 年収が少なすぎる
  • 勤続年数が短すぎる
  • 借入希望の額が多すぎる
  • 過去に返済事故を起こしている

 

逆に言えば、このようなトラブルを抱えていない人は、審査に通るのがそこまで難しくないと言えます。

 

また非正規雇用でもフルタイムで働いていていれば、収入もそれなりになるハズです。そのため年収の問題につていは、あまり気にする事はないでしょう。

 

限度額については人によって差が出てきますが審、査自体を通る事は難しくないのです。必要最低限の金額で申請すれば大抵の場合は審査に通過できます。